サラが息子と会うのは何年ぶりだろう。彼は人生の選択について激しい口論をした後、家を出て行った。彼女が手を差し伸べようとしても、彼は距離を置いたままだった。しかし、サラは、何年も後悔に苦しんでいたサラであったが、ついに息子のナタンから会わないかというメッセージを受け取った。

サラは大喜びで、すぐに再会のための計画を立て始めた。

再会が近づくにつれ、サラは神経をすり減らし始めた。ナタンと再会できることをとても楽しみにしていたが、同時に彼が何を言うか、何を考えるかが怖くなっていた。もし彼が、数年前の喧嘩のことをまだ恨んでいたらどうしよう?

もし彼が前に進んでいて、もう彼女とはかかわりたくないと思っ ているとしたら?

しかし、そんな疑念をよそに、サラは再会を果たす決意を固めた。小さなバッグに荷物を詰め、空港に向かい、ナタンの住む街に向かう飛行機に乗った。

空港に着くと、ナタンが彼女を待っていた。サラは、彼が最後に会ったときからずいぶん変わっていることに驚いた。背が高く、痩せていて、顎鬚があった。しかし彼の目は同じだった。突き刺すような青色で、感情に満ちていた。

二人は強く抱き合い、涙を流した。サラは肩の荷が下りるのを感じた。ここ数年の後悔や痛みが、その一瞬の抱擁で消えてしまったかのように。

ナタンのアパートまで車で行く途中、サラとナタンはそれぞれの生活のことを話した。ナタンはマーケティングで成功し、近く自分の家を買う予定だといった。サラはその話を熱心に聞き、息子が成し遂げたことを誇りに思った。

ナタンのアパートに着くと、サラはそれがとてもあたたかい家庭的な雰囲気に満ちていることに気づいた。部屋はこじんまりとしていて、心地よいソファがあり、本棚には本がたくさん並んでいた。サラは息子の別の一面を見た気がした。これまでずっと見逃してきた一面だ。

それからの数日間、サラとナタンは失われた時間を取り戻すために時間を費やした。散歩をしたり、美術館を訪れたり、一緒に食事を作ったりもした。サラは、二人の間には違いはあるけれど、共通点も多いことに驚いた。

日が経つにつれて、サラはナタンが成熟した責任感のある青年に成長していることに気づいた。彼は親切で思慮深く、彼女の人生に心から関心を持っていた。サラは多くのことを見逃してしまったと思ったが、息子と再会するこの機会が得られたことに感謝した。

訪問の最後の日、サラとナタンは腹を割って話をした。ナタンは彼女にとても会いたかったこと、そして何年か前に喧嘩をしたことを後悔していることを話した。サラは涙が溢れるのを感じた。長い間怒りを抱えたまま過ごしてきたことで、 多くのものを見逃してしまったことを悟ったのだ。

ナタンは将来の計画も話した。自分の家族を持つことだ。サラは、自分が息子の人生に関わることなく祖母になることを知り、一抹の悲しさを覚えた。しかし、ナタンが自分のやり方で幸せと成功を手に入れたことを知り、嬉しさもあった。

サラは帰国する飛行機に乗りながら、悲しみ、後悔、そして喜びが入り混じった感情を抱いた。ようやく息子と再会できたが、ここまで来るのに何年も痛みと苦しみがあった。もう二度と息子との仲を引き裂くようなことはしない、二人の関係を維持するために全力を尽くすと、彼女は自分に言い聞かせた。

何年もの間、サラとナタンは連絡を取り続け、定期的にお互いを訪ね、よく電話で話した。サラは息子の人生の多くの部分を見逃したが、今与えられている二人の時間に感謝していた。二人は話をし、笑い合い、人生の浮き沈みを支え合った。

ある日、サラはナタンから電話を受けた。ナタンはガールフレンドにプロポーズをするつもりで、彼女にもそれを応援してほしいと言った。サラは大喜びで、すぐにナタンの住む街に行く計画を立てた。

プロポーズの日、サラはナタンのアパートに着いた。ナタンは緊張して恋人が来るのを待っていた。サラは固唾を飲んで見守った。ナタンは片膝をついて恋人にプロポーズをし、恋人は目に涙を浮かべてイエスと答えた。

ナタンと恋人が抱き合うと、サラは自分の目から喜びの涙が流れ出るのを感じた。この瞬間に立ち会えたこと、息子が幸せそうで恋をしているのを見れたことに感謝していた。

それから何年か経って、サラはナタンと彼の妻が家庭を築くのを見た。彼女は孫にとって自慢の祖母であり、孫たちと一緒に過ごすのが大好きだった。多くのことを見逃してきたことを後悔していたが、今ある時間に感謝していた。

年月は流れ、サラは年をとった。彼女は、この地上での時間が終わりに近づいていること、そして、もうすぐ家族に別れを告げなければならないことを知っていた。しかし、息子と和解し、彼の人生の一部となったことを知り、彼女は満足していた。

ある日、サラは家族に囲まれて眠るように静かに息を引き取った。ナタンとその兄弟たちは母親に別れを告げるために集まり、一緒に過ごした時間の話や思い出を語り合った。ナタンは母親と再会したときのことを話し、二度目のチャンスを与えてくれたことに感謝した。

サラを埋葬するとき、ナタンは安らぎを覚えた。母親は自分がどれだけ愛されているか、そして自分と家族にとってどれだけ大切な存在であったかを知りながら、この世を去ったのだとわかった。そして、愛する人たちを決して当たり前な存在だと思わないで、一緒にいる時間をいつも大切にしようと心に誓った。

そしてナタンは母親の墓を後にした。母親はもう自分の目の前にいないけれど、彼女の愛と思い出は彼の心の中で、永遠に生き続けるのだと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です